浴室020 I様邸

<施工前>
Bath_022_01_600_60

<施工後>
Bath_022_02_600_60 Bath_022_03_600_60

<担当者より>
タイル工法の浴室からシステムバスにしました。0.75坪にして脱衣所を少し広げました。浴室と反対の壁面は、和室の押入れだったのですが、脱衣所側からの収納棚を造作しました。

浴室019 T様邸

<施工前>
Bath_021_01_600_60 Bath_021_02_600_60

<施工後>
Bath_021_03_600_60 Bath_021_04_600_60

<担当者より>
給湯管の布設替えの為、露出配管では無く、埋設して欲しいとのご要望で、床タイルと壁の一部の解体、浴槽の交換をしました。以前は、足を伸ばす事が出来ませんでしたが、今度は、ゆっくり足を伸ばして入浴を楽しんで頂けます。又、同色タイルでは無く、アクセントとして全く別の色のタイルを貼る事で、雰囲気が変わりました。

浴室018 H様邸

<施工前>
Bath_020_01_600_60 Bath_020_02_600_60_2

<施工後>
Bath_020_03_600_60 Bath_020_04_600_60

<担当者より>
浴室が寒くて・・・と、最初にご相談を受けました。他にも、カビに困っていらっしゃるとの事。ガス式の浴室暖房乾燥機の取付をご提案させていただきました。話の流れから、夢は膨らみ、システムバスの設置に。寒かった浴室が、今では、「サウナに入っているみたい」と、おっしゃています。

浴室017 T様邸

<施工前>
Bath_019_01_600_60 Bath_019_02_600_60

<施工後>
Bath_019_03_600_60 Bath_019_04_600_60

<担当者より>
ブロック建ちの浴室を解体し、木造にて増築した浴室・脱衣所です。段差を全て取り除き1.25坪のバスと広い脱衣所が出来ました。TOTOの「スプリノ」は、どっぷり肩まで浸かれる浴槽と、畳のような感触の洗い場を取り入れています。

浴室016 H様邸

<施工前>
Bath_018_01_600_60 Bath_018_02_600_60

<施工後>
Bath_018_03_600_60

<担当者より>
開口部の位置をずらし、浴槽位置を変える事によって、洗濯機も使いやすくなりました。浴室サイズは、TOTOの1218を採用しています。廊下からの動線が、スッキリしました。