台所035 W様邸

<施工前>
Kitchen_039_01_600_60 Kitchen_039_02_600_60

<施工後>
Kitchen_039_03_600_60 Kitchen_039_04_600_60

<担当者より>
ご家族が多く、テーブル・イスを並べると冷蔵庫や食器棚まで、グルッとまわらなくては行けないなど、動線がスムーズでは無かった為、家の中央にあった浴室を増築部分に造作され、台所を広げました。キッチンの横に冷蔵庫スペースを作り、家事動線がとてもスムーズになりました。

台所034 H様邸

<施工前>
Kitchen_038_01_600_60_2

<施工後>
Kitchen_038_02_600_60

<担当者より>
左右一部と前面の壁、床の一部のみを解体して、お湯・水の配管と、コンセントの移動を行いました。TOTOの新製品「クラッソ」です。シンプルな中に細かな設計がされていて、とても使いやすいと、奥様に喜んでいただきました。特に、蛇口です。「水ぼうき水栓」と名付けられた、この水栓を特に気に入っていただきました。工期は5日間です。

台所033 H様邸

<施工前>
Kitchen_037_01_600_60 Kitchen_037_02_600_60

<施工後>
Kitchen_037_03_600_60 Kitchen_037_04_600_60 Kitchen_037_05_600_60

<担当者より>
勝手口玄関、台所、居間と3つに分かれていた部屋を壁を全て取り払い、1部屋にしました。軽量鉄骨の建物だから出来た事かもしれませんが、とても開放的な空間になりました。壁も木建材で・・・と、強いご要望で、正直、圧迫感があるのでは、と心配したのですが、全く必要ありませんでした。

台所032 N様邸

<施工前>
Kitchen_036_01_600_60

<施工後>
Kitchen_036_02_600_60

<担当者より>
コンクリートにフロア材が直接貼ってあった床に建材床を貼り、キッチンセットからシステムキッチンに入替えをしました。建物の構造上、袋壁は、配管スペースとして無くす事が出来ず、目地の少ないパネル材を貼って掃除をしやすくしました。

台所031 E様邸

<施工前>
Kitchen_035_01_600_60

<施工後>
Kitchen_035_02_600_60

<担当者より>
通常は、キッチン上に使う吊戸棚、背面収納などで使う家電収納ユニット、この組合せを流し台の裏面に持ってきました。こちらの奥様のアイデアには、びっくりです!でも、なんとも使い勝手の良さそうな、そんな茶の間になりました。