2006.03.23

至誠

「至誠にして動かざるものは、未だこれ有らざるなり」

誘って頂き、久しぶりに酒を(かなり)飲みました。

その席の最後に、先輩が、吉田松陰さんの言葉として、この言葉を引用されました。出典は、孟子だと聞いています。

当社の会社概要に「信念」として掲げる言葉は、

「至誠の感ずる所、天地もこれが為に動く」です。

私は、二宮尊徳さんの言葉として、稲盛氏から教わりました。稲盛氏から初めて聴いたとき、とても感銘を受け、以来、難しいことですがその信念を通す生き方がしたいと思ってきました。

尊敬する先輩の好きな言葉として、この言葉を聴いたとき、またとても感動しました。

| | コメント (1) | トラックバック (0)

2006.01.23

ディテール・ディテール・ディテール

「detailed detailed detailed」

先の「手すりの取り付け」を書いている途中、こんなフレーズが頭に浮かんできました。

すみません。今は、出典が思い出せません。

「ささやかな、細かなことこそが、大切。」という意味だったと思います。

この言葉を初めて聞いたとき、とても感銘を受け、共感したことを覚えています。

ビスの頭に被せるキャップを、ブログで解説する意義。

それは、「detailed detailed detailed」。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.01.10

福祉と幸せ

今日、福祉関係のセミナーに参加してきました。

そこで感銘を受けた言葉を、書き残したいと思います。

「福祉」とは、「人を幸せにする営み」。

「幸せ」とは、「朝ごはんを食べて、おいしかった」、「昨日の夜はよく眠れて、気持ちよかった」、「友人といろいろな話ができて楽しかった」、そんな暮らしができること。

「福祉」とは、障害を持っても、老化が進んでも、そうした「幸せ」な暮らしができるように支援すること。

うろ覚えなので、講師の正確な言葉ではありませんが、私が受け止めたニュアンスはこんな感じです。

私たちの何気ない日常生活こそが「幸せ」。

とてもいいセミナーでした。  (・・・明日も続きますが・・・)

| | コメント (0) | トラックバック (0)