2010.01.07

朝礼での、今年の目標発表

今日の朝礼で、今年の目標を発表しました。

   

おおまかな方針は、5日の新年会で、社員に伝えたのですが、今日は具体的な数字を示しました。  

   

私を含めた全社員が、今年1年を意義あるものとする為に、大義ある目標を定め、それをみんなで達成するよう、頑張ります。

   

当社にとっての「大義」とは、

「エネルギー供給と住空間の向上を通して、お客様の幸福に貢献する。」ことであり、

その結果として、

「全従業員の物心両面の幸福を追求する。」ことです。

当社HP:経営理念・信念     

    

そうした目標は、数回話しただけで、社員全員と共有できるとは思っていません。

何度も繰り返し伝え、行動することで、年末には、社員全員で「達成感」を味わいたいと思います。

     

今年1年、お客様のために、社員のために、自分のために、頑張ります。

年の初めだからということだけでなく、これからも、何度もこうした決意表明を、させて頂きます。     

同じようなことを、何度も書かせて頂きます。

   

そうした熱意は、社員に、そしてお客様に、いつか伝わると信じています。    

    

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

| | コメント (0)

2010.01.05

仕事初めと新年会

今日が、仕事初めです。

   

そして夜は、新年会でした。

   

だいぶ酔っ払いです(笑)。

   

社員みんなが、元気で、仲良くて。

   

楽しい会でした。

   

このメンバーなら、今年も大丈夫。

  

良いスタートがきれました。

   

感謝、です。

| | コメント (0)

2009.12.24

お客様が当社を選んで下さる理由

「ふれあい通信」平成22年1月号の文章を書いていて、ふと思い出したお客様のお言葉が、ここ数日、ずっと頭から離れませんでした。

    

それは、こんなお言葉でした。

「他にもいろんな会社があるがいけど、後々(あとあと)の事を考えると、やっぱり久保さんがいいわ。」

   

この1年間、何人ものお客様が、商品のご購入やリフォームをご決断される際に、私にお話し下さったお言葉でした。

    

お客様が当社を選んで下さる理由は、「アフターサービスへの期待」なのだという事を、今更ながら、強く認識しました。

   

・・・本当に、「今更ながら」だと、自分で呆れています。

    

もちろん、「アフターサービスの重要性」は、以前から十分、認識している”つもり”で、チラシやホームページでも、当社の姿勢を積極的にアピールしている”つもり”でした。

    

実際、当社社員の修理に対する”こだわり”は、問屋さんやメーカーさんから見ると、非常に(異常に?)強いものだそうです。

ほぼ毎日、しかも何件も、部品特定の為に、商品の詳細な展開図を要求してくる販売店は、多分、当社だけなのでしょう。

    

そして、そうした”こだわり”を、一部の者だけでなく、全社員が持っているのです。

現場から帰った男性社員からの報告を受け、女性事務員が、素早く問屋さんやメーカーさんに問い合わせします。・・・トコトン(笑)。

中途半端な回答には、誰も納得しません(笑)。

「部品の供給ができない」なんて回答だったら、もう大変です(笑)。

     

ただ、そうした状況は、社員だけでなく、私までも、当たり前すぎて、「お客様が当社を選んで下さる、”一番”重要な理由」であるという認識では、なかったような気がします。

      

それを端的に示すのが、当社ホームページでの、私の文章の書き方です。

「氷見で選ばれている理由」では、5番目に書いています。

「地元企業のメリット」では、3番目です。

「リフォームへの思い/初心」では、6番目です。

   

”リフォーム専門店”にとって。

「リフォーム・増改築」で大切なことは、「プランニング」や、「工程管理」や、「予算管理」や、「工事内容」である・・・。

「修理」を強調し過ぎると、単なる「修理屋」だと、お客様に思われて、大きな物件を任せて頂けない・・・。

・・・誰に言われたのか、言われていないのに勝手に思い込んでいたのか。

   

「修理=アフターサービス」を、その他の作業よりも、低い評価しか与えていなかったのは、他ならぬ私自身であることに気づき、大きなショックを受けたのです。

    

けれども。

この1年、お客様は、当社の「修理=アフターサービス」に、期待して下さっておられた。

そして、多分、この1年ではなく、ずっと前から。

    

当社の「社風」となった日常業務で、お客様のその期待を裏切るようなことは、なかったと思います(と思いたいです)。

    

来年は、お客様が”一番”ご期待頂いている、当社の「修理=アフターサービス」について、私がきちんと評価し、もっともっと、本気で、胸を張って、アピールさせて頂きたいと思います。

   

そして、もっともっと、社員みんなで、「修理」にこだわって行きたいと思います。

問屋さん、メーカーさん、よろしくお願いします(笑)。

    

・・・ただ、お客様がおっしゃられる、「後々(あとあと)の事」とは、「修理」のことだけではない気もしています。

もう少し、じっくり考えて、考えがまとまったら、ご報告したいと思います。

    

    

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

| | コメント (0)

2009.11.23

安心第一主義

ある所に掲載させて頂く、「代表からの会社案内」という文章を、先程、なんとか完成させました。

   

普段、思ってはいても、整理して文章化するというのは、かなり大変でした。

加えたり、消したり、入れ替えたり・・・、根気のいる作業で、何度かの中断も挟みながらの難産だった文章は、我が子のようにかわいいものです。

   

いずれ、当社のホームページの「会社概要」コーナーにも、追加することになると思いますが、そのかわいさゆえ(?)先がけて、今日の日記でご披露させて頂きます。

    

拙(つたな)いけれど、私と社員全員の真剣な思いが込められた、お客様へのメッセージです。

そんな思いを少しでも感じて頂けたなら、嬉しいです。

  

**************

  

091123_kubokao_100_60_2「水彩工房」は、TOTOとライセンス契約を結び、株式会社久保が運営する「地元密着の来店型リフォーム店」です。

「株式会社久保」は、おかげさまで創業76年を迎えるLPガス・灯油販売及び管工事を行う会社です。

  

当社のモットーは、「安心第一主義」です。

   

社員全員で、「お客様に安心して末永くおつき合い頂くことが、商売の基本」だという考えを大切にしています。

縁あって氷見市で起業し、生活も共にしながら、これまで長年に渡り、そしてこれからもずっと、氷見市で商売をさせて頂く「ありがたさ」と「責任」を強く実感しているからです。

  

そのため、当社では、以下の5つのお約束をさせて頂きます。

  

1.【安心営業】=お客様へのしつこい売り込みは、決していたしません。

2.【安心設計】=20年以上の現場経験を持つ建築士が、ご相談をお受けします。

3.【安心価格】=コスト削減に努めた掛け値なしの見積書です。お客様によって値引額を変えたりしません。また、当社都合の追加請求はありません。

4.【安心工事】=管工事は自社施工です。施工管理も自社社員が毎日お宅へお伺いします。

5.【安心フォロー】=アフターメンテナンスを、ずっと、きちんと、行います。

  

尚、当社が対応地域を「富山県氷見市」に限定しているのは、上記の約束をきちんと実行するためです。

  

氷見市でのリフォーム・増改築の際は、ぜひ当社にご相談下さい。

きっと、お客様のお役に立てることと思います。

| | コメント (0)

2008.06.15

社員旅行

6月14日・15日、社員旅行に行ってきました。

行き先は、伊豆長岡温泉。

080615_ryokou_01_600_60
私たちが泊まった旅館の窓から見えた旅館。山を登るように渡り廊下が続き、風情満点。

 

080615_ryokou_02_600_60
帰り道の途中に寄った、白糸の滝への階段を見上げて。

 

080615_ryokou_03_600_60
階段の途中にて。

 

080615_ryokou_04_250_60
やっと辿り着いた私と社員さん。恥ずかしいので、この写真はクリックしても拡大できません。

 

080615_ryokou_05_600_60
滝への道の途中にあったカフェ。いわゆる伝統的な店構えのお土産屋さんが連なる中で、意外な建築に出会えました。かっこいい建物は、思わずチェック。ベージュと濃いグリーンの組み合わせは、ハズレなしの定番ですね。小さな窓の配置も素敵です。

 

080615_ryokou_06_600_60
富士山麓に広がる牧場に、牛・牛・牛・・・。バスの窓から。

 

080615_ryokou_07_600_60
富士宮市にある富士国際花園(かえん)。大量の極彩色の花々。ここは、天国か?圧倒的な色彩。感動しました。

 

080615_ryokou_08_250_60
当社の最も大切な財産。全員が写っていないのが残念(滝の写真で登場済ですが)。もちろん、全員に心から、「いつもありがとう。」

 

080615_ryokou_09_250_60
富士国際花園には、ミューもいます。餌をあげるのに、びびる私。その姿を見て、喜ぶ社員・・・。・・・もちろん、写真は拡大できません。

| | コメント (0)

2008.01.11

松下電器産業

松下電器産業の社名を、パナソニックに変えるというニュースが流れていました。

祖父の代から、販売店として「ナショナル」や「松下」に慣れ親しんだ者としては、その目的はなんとなく理解できるものの、やはり寂しさを感じてしまいます。

うろ覚えですが、社長さん曰く、「ノスタルジーに浸るよりも、ブランドを一本化し、グローバル企業として云々・・・」とのこと。

その是非よりも、「ノスタルジーに浸る」という言葉が、何故かとても印象的でした。

| | コメント (0)

2008.01.06

新年会

昨晩は、当社の新年会でした。

社員全員の一体感を得られた、良い会でした。

夕方6時30分から30分程、私が今年の会社方針を話し、その後、宴会が始まりましたが、それぞれが話し込んで盛り上がり、気付くと10時、宴会だけでも3時間が経っていました。

このチームワークが、当社の宝です。

2次会に訪れた会場の方から、「久保さんちゃ、なんちゅう団結力があるがいねえ。」と驚かれました。なんだか、とてもうれしくなりました。

充分とはいえないまでも、社員さん一人一人と話しをし、固い握手をし、思いの交換ができたと思います。

「ベクトルを揃える」、稲盛和夫氏の教えの今年初めての実践の場となりました。

良いスタートが切れました。

社員の皆さん、今年もよろしくお願いします。

| | コメント (0)

2008.01.04

素晴らしい経営者との再会

今、とても感動しています。

再会、といっても、偶然、あるブログを見つけた、ということですが。

その素晴らしい経営者が書かれたブログを、一気に読み終えたところです。

2006年2月から、ほぼ毎日書き続けておられました。

その方は、現在44歳。私(45歳)とほぼ同い年。

前にお会いしたのは、多分10年ほど前に参加したリフォームの勉強会。

当時、その方はリフォーム会社を立ち上げられたばかりで、とても気合いの入った方だなあという印象が残っていました。

特に親しくお話しさせていただいたわけでもなく、富山からかなり離れた県の方で、その後一度もお会いすることはありませんでした。

何故か、わかりませんが、ふと思い立ち、うろ覚えの地域名で検索して、その方の会社のホームページへ辿り着きました。

そして、ブログを書かれていることを知り、読み始めて。

思わず引き込まれ、全てを読み終えてしまいました。

日々、努力し、本を読み、社員を育て、自分に必要だと思う行動を少しずつ習慣化し、感謝し、反省する様子が、淡々と綴られていました。

これまで自分なりには頑張ってきたつもりでしたが、この方の行動を拝見させて頂いて、まだまだだと痛感しました。

新しい年を迎え、目指すべき目標ができたことに、心から感謝します。

今年1年、私も昨年以上に頑張ります。

| | コメント (0)

2007.01.21

スタッフの成長

昨日と今日の2日間に渡り開催した「水彩工房 2007新春感謝祭」が、無事終了しました。
070121_kanshasai_01_600_60_1

お忙しい中ご来場頂きましたお客様に、心からお礼申し上げます。

お客様のご来場は何より嬉しいことでしたが、今回はそれと同じくらい嬉しいことがありました。

それは、沢田と横田という当社の女性スタッフの成長振りを実感できたことでした。

商品説明、お客様からのご相談への対応、「住まいの3Dプランニング」によるご提案・・・、今回はこの2人が、全て手際よく行ってくれました。

私の仕事といえば、お客様への感謝のご挨拶、・・・のみ。

なんとも頼もしい限りです。

TOTOやタカラの設備商品は、もちろんとても素晴らしいのですが、「水彩工房」でもっと自慢できる素晴らしい”商品”は、彼女達です。

私を含め彼女達は、まだまだ勉強し続ける必要がありますが、「水彩工房」を立ち上げた当時を思えば、格段に成長してくれました。

足りない所は笑顔と熱意でカバーして、彼女達はこれからも、お客様のお役に立てるよう努力していきます。どうぞよろしくお願いします。

そして、沢田さん、横田さん、これからも一緒に頑張ろう。頼りにしているよ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.12.17

来年の夢を膨らませつつ

今日は、富山市へ。

手には、chiharu著「TO THE ROOMS」。

まずは遅めの昼食を、「モンテベッロ」で。
061217_monteberro_600_60
イタリア料理「モンテベッロ」
富山市天正寺1122 tel:076-492-3206

次に、DMを頂いた「暮らし工房WISTA」へ。
061217_wista_garasuten_600_
暮らし工房WISTA
http://www.kurasi-kobo.co.jp/

さらに、カフェ「high&low」へ。
061217_highlow_600_60
artistic Gallery caf'e high&low co.
http://www.high-low-co.net/

さらにさらに、「k3」へ。
http://www.komesan.co.jp/

おかげさまで、当社が運営するリフォーム専門店「水彩工房」は、今年たくさんのご支持を頂きました。

一昨年10月の開店、今年6月の「第1回氷見市民リフォーム祭」を経て、「水彩工房」はゆっくりですが氷見市の皆様に受け入れて頂けているような気がします。

そして来年。

「水彩工房」は、また一歩、前に進みたいと思っています。

その構想を巡らせ、この数週間、ウンウン唸っていました。

今日、やっと小さなインスピレーションを得ることができました。

来年の今頃、1年を振り返った時、そのスタートが今日であった事を思い出す為に、この文章を記します。

これから、この小さくてひ弱なインスピレーションを、大切に育てて行きたいと思います。

考えを巡らす時の判断基準は、我が師である稲盛和夫氏の言葉。

「動機善なりや、私心なかりしか」

それは、自分の見栄や独りよがりな欲によるものか否か?

いや、きっと氷見市でリフォームを検討されている方々のお役に立てるはず。

お客様や当社スタッフの笑顔が、目に浮かびます。

考えているだけで、わくわくしてきました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧