2011.06.12

2011 ガスラブフェア in 氷見

昨日(6月11日)と今日の2日間、

氷見市のショッピングセンター「プラファ」さんにて、

「2011 ガスラブフェア in 氷見」が開催されています。

   

主催は、氷見エルピーガス事業協同組合です。

もちろん、当社も組合員です。

おかげさまで、昨日は多くのお客様で賑わっていました。

110611_gasfair_350_60_1_2

110611_gasfair_350_60_2_2

    

氷見市のガス店が、勢揃いしてやっています。

パロマ、リンナイ、ハーマンと、ガス器具メーカーも勢揃いで、みんな気合いが入っています。

最新のガス器具が、かなりお買得な価格になっています。

   

今日(6月12日)も、午前9時から午後4時まで、開催しています。

まだの方は、ぜひお越し下さい。

お待ちしています!

        

富山県氷見市のガス器具・リフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

| | コメント (0)

2010.10.05

ガス式浴室暖房機の季節到来

つい最近まで、「暑い!」と言っていたのに・・・。

   

もう、浴室乾燥暖房機の季節なのですね。

  

今日、システムバスに、ガス式浴室乾燥暖房機を設置させて頂きました。

101005_yokudan_350_60_01

システムバスの場合、通常は既存の換気扇と交換する形のもの=天井埋め込みタイプを設置します。

ただ、このお宅は大きなドーム天井の為、天井の換気扇の設置スペースが狭く、壁付けタイプを選定しました。

小さめのエアコン、といった感じで、きれいに納まっています。

   

101005_yokudan_350_60_02

室外機は、小型のガス湯沸し器です。

室外機でお湯を沸かし、そのお湯を室内機経由で循環させます。

室内機は、お湯の熱をファンで室内に送風します。

  

室外機と室内機の間は、循環パイプで繋がっています。

そのパイプを、化粧カバーできれいにすっきりと配管します。

   

器具の設置から、ガス配管までを含めて、1日で完成します。

   

浴室乾燥暖房機を、在来工法のタイルの浴室だけではなく、このようにシステムバスに後付けで設置される方が増えています。

システムバスは、タイルの浴室ほど、寒くはないのですが、より快適に、というご希望からご検討されるようです。

     

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

| | コメント (0)

2010.04.25

ガスコンロの長所

「氷見市LPガス事業(協)加盟店大還元フェア」を、無事終えて・・・。

  

IHコンロも良いのですが、最近のガスコンロは、かなり良いです。

    

ただ、残念ながら、ガス業界は、宣伝下手・・・。

(自分への反省を込めて、言っています。)

   

お客様が調理器具を選択される際、情報が足りない為に、適切に判断できないとすれば、設備機器のプロとして、申しわけないことです。

    

そこで、最近のガスコンロ事情について、書いてみたいと思います。

100425_gaskonro_01_2

・・・まずは、とってもカッコよくなりました(笑)。

   

さて、最近のガスコンロの長所として、5点、挙げたいと思います

  第1に、とても安全です。

  第2に、高機能です。

  第3に、お手入れが簡単です。

  第4に、省エネです。

  第5に、価格が安い!です。

   

第1の、「安全性」について。

100425_gaskonro_02

バーナーの真ん中に飛び出ているのが、Siセンサーです。

今のコンロでは、全てのバーナーについています。

このSiセンサーが、鍋底に触れていることで、焦げつき防止、天ぷら油加熱発火防止などの機能が働きます。

また、上のバーナーも、グリルも、消し忘れ消火機能がついていて、一定時間経過すると、自動消火します。

    

第2の、「高機能」について。

100425_gaskonro_03

100425_gaskonro_04

コンロで、ごはんが炊けます。

お湯が沸くとブザーが鳴り、5分間ほど保温して、自動消火します。

揚げもの温度を設定できるので、プロのようにおいしい天ぷらやフライが作れます。

   

また、グリルは、さらに進化しています。

100425_gaskonro_05

ガスならではの直火と、遠赤外線効果で、焼き魚のおいしさは格別です。

   

第3の、「お手入れ簡単」について。

100425_gaskonro_06

汁受け皿がないので、煮こぼししても、ガラストップ天板をサッと拭くだけでOKです。

・・・ここは、まだ、あまり知られていないようなので、詳しく書きますね。

       

IHコンロは、天板と鍋底が密着する構造上、密着した部分の天板が熱くなります。

その為、煮こぼしすると、その汁が天板と鍋底の隙間に入り込んでしまい、加熱した天板に焼きつく=焦げつくことになります。

こうして出来た天板上の、鍋底の形をした焦げつき跡は、放っておくと、こびりついてしまい、お手入れの際の悩みになっているようです。

   

一方、ガスコンロは、ご存知のように、天板と鍋底は、ゴトクで離されています。

その為、天板は熱くなりませんし、煮こぼしの汁が入り込む”隙間”もないので、その汁が焦げつくことはありません。

だから、本当に、文字通り「サッと拭く」だけでOKなのです。

そして、ガラストップ天板は、いつまでも光沢を失わず、とてもきれいなのです。

    

第4の、「省エネ」について。

100425_gaskonro_08

汁受け皿をなくし、バーナーノズル形状を工夫することで、効率的に炎があたるようになっています。

だから、ガス代を節約できます。

   

第5の、「価格が安い!」について。

現時点(平成22年4月)で、ガスコンロは、同機能のIHコンロの約半分程の価格だと思います。

これまで書かせて頂いたように、こんなに安全で、高機能で、手入れが簡単で、省エネが進んだ最新機種が、ビルトインタイプで10万円以下、テーブルタイプで6万円以下なんて!

長年、厳しい競争をしながら、改良を重ねてきた、ガス機器メーカーの執念を感じます。

     

どうです?

ガスコンロも、結構、・・・いやかなり! 良いでしょ!

   

ただ、もちろん、IHコンロにも良い所はたくさんあります。

今回はあえて、IHコンロよりも、情報(や関心)が少ないガスコンロにスポットライトを当てる意味で、書かせて頂きました。

   

これらの説明が、調理器具の選定で悩んでおられる方のお役に立てれば嬉しいです。

(写真は、Paloma(パロマ)さんのホームページから引用しました。)

    

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

| | コメント (0)

2010.04.20

氷見市LPガス事業(協)加盟店大還元フェア 開催のご案内

今週末に、氷見市LPガス事業(協)加盟店大還元フェアを開催致します。

・・・昨日、お伝えしたリフォーム相談会と、しっかり重なってしまいましたが(笑)。

    

日時:4月24日(土)午前10時から午後5時まで

       25日(日)午前9時から午後4時まで

場所:氷見プラファ 催事場

   

とにかく、ガス器具が本当に安いです!

氷見市中のLPガス販売店による合同開催ということで、ガス器具メーカーもかなり気合いが入っています。

多分、1年に1度だけの開催なので、お見逃しなく!

   

以下の画像をクリックすると、拡大表示されます。

100420_gasfair_806_60    

         

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

| | コメント (0)

2010.01.13

システムキッチンに、ガス小型湯沸器

今日、システムキッチンに、ガス小型湯沸器を新設させて頂きました。

  

何故?

   

システムキッチンには、普通、湯水混合のシングルレバー水栓がついています。

   

ガス小型湯沸器は、壁付けの給水単独水栓の根元から、水を分岐して設置します。

   

ですから、”システムキッチンに、ガス小型湯沸器”は、まず、あり得ない組み合わせです。

   

その理由は、やはり、「給湯管の詰まり」にあります。

  

今回も給湯管が詰まってしまって、殆ど、お湯が出ない状態でした。

これまでも書かせて頂いたように、ストレーナー(=フィルター)の掃除等の処置を行いましたが、残念ながら、改善されませんでした。

  

その次の対処方法は、「給湯管の布設替え工事」ですが、このお客様の台所は、給湯機と反対側の2階にあり、かなりの費用負担が必要でした。

   

そこで、お客様とのご相談の上、今回の方法になりました。

  

残念ながら、写真を撮り忘れて、お見せできませんが、結構、きれいに設置できました。

   

今回の対処方法は、かなり特殊でしたが、いろいろ知恵を絞れば、難しいお困り事もなんとかなるものだ、という考え方を証明する事例の一つだと思いました。

   

    

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

| | コメント (0)

2009.12.26

ガス式浴室暖房機のご感想 ”もやもや”の感激

ガス式浴室暖房乾燥機を、先月設置させて頂いたお客様のお宅を、今日、訪問させて頂きました。

その際、奥様から、ご利用になられてのご感想を、お聞きしました。

    

「浴室が暖かいのはもちろんだけれど、浴槽のお湯が冷めにくくなったと思う。」とのことでした。

   

浴室暖房機を設置する前は、浴槽のお湯を熱くしても、浴室の冷たい空間に熱エネルギーを吸い取られる(?)ために、すぐお湯が冷めてしまうのだと思います。

   

「これまでは、毎年、冬になると、浴槽のお湯の設定温度を1度上げていたのだけれど、今年は上げなくても暖かい。」と、お話しを続けられました。

     

    

さらに、こんな素敵な表現で、その快適さを教えて下さいました。

   

「浴槽からの湯気が、ちゃんと天井まで届いて、”もやもや”と漂っていて、浴室全体が”もやもや”の感じで、なんだか、温泉みたいで、気持ちいい。」

   

温泉の大浴場は、入ると、湯気で”もやもや”していますよね。

それくらい、暖かい、ということです。

    

浴室暖房機を設置する前は、浴室が冷え切っていて、浴槽の湯面から立ち昇る湯気が、天井まで届かないため、部屋がクッキリ見渡せた。

それが・・・。と、感激されていたのです。 

   

とても満足して頂けているようでした。

   

奥様のお話をお聞きし、私もとても嬉しい気持ちになりました。

ありがとうございました。

     

     

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

| | コメント (0)

2009.12.04

ガスビルトインコンロの交換にて、高さがあり過ぎた時

昨日、「ガスビルトインコンロの交換にて、高さが足りなかった時」を、ご紹介したので、今日は、反対の場合の対処方法を書きます。

   

今回のお客様は、「適正な高さ=22cm」よりも、もっと高さがあったので、新しいコンロを取り付けると、下の収納庫と間に、「すき間」ができました。
091204_konro_01_350_60

  

メーカーさんは、ちゃんと、この空間を埋める「スペーサー」を用意しています。

取り付けて、完成!簡単!ぴったり!
091204_konro_02_350_60

  

昨日と今日のご紹介で、高さが、「あり過ぎる」方が、「足りない」よりも、簡単にフォローできることが、おわかり頂けたかと思います。

  

ところで、今回のお客様も、パロマの最新型ビルトインコンロ、DRESY[ドレシィ]です。

  

汁受け皿なしのガラストップ、しかもそのガラスは、熱やキズに強い「結晶化ガラス」ですから、お掃除簡単で、美しさが長持ち。

グリルを含め、全てのバーナーが、「焦げ付き・消し忘れ防止機能付」で、安心。

グリルは、奥まで全て出てくる「フルオープン」タイプだから、取り出しやすく、もちろん、水無し両面焼き+自動焼き上げのオートタイプで、簡単。

  

などなど、本当に最新機能満載です。

11月開催の「ふれあいフェア」でも、大人気でした。

  

尚、ガスビルトインコンロの交換については、

09.11.04.「ガスビルトインコンロ」も、ご参考になると思います。

| | コメント (0)

2009.12.03

ガスビルトインコンロの交換にて、高さが足りなかった時

ガスビルトインコンロを収めるには、適正な高さが必要です。

殆どの場合は、あまり気にしなくて良いのですが。

  

今回のお客様のコンロは、高さが17cm程でした。
091203_konro_01_350_60_2

091203_konro_02_350_60

   

「適正な高さ」は、22cm、です。

22cmよりも、高い時は、空間を埋めるスペーサーがあれば良いのですが。

   

22cmよりも、低い時は、残念ながら、コンロ下の収納庫を交換する必要があります。

まず、ビルトインコンロを、こんな風にして、取り外します。
091203_konro_03_350_60

  

それから、コンロ下の収納庫を、取り外します。
091203_konro_04_350_60

  

新しい収納庫を、収めます。
091203_konro_05_350_60

   

ビルトインコンロを取り付けて、配管します。

社員のⅠさん、頑張っています。

・・・当社では、イニシャルが”Ⅰ”さんが、ちょっと多いことに、今、気づきました(笑)。
091203_konro_06_350_60

  

完成です!パロマの最新型の DRESY[ドレシィ]です。
091203_konro_07_350_60

収納庫も、ぴったり!

| | コメント (0)

2009.11.27

ガス式浴室暖房機の設置工事は、簡単です

「ふれあい通信」平成21年12月号に合わせて、ガス温水式「浴室暖房乾燥機」の設置工事について書きます。

  

今年は、ガス温水式「浴室暖房乾燥機」を、よく設置させて頂いています。

昨日、また、1台、設置させて頂きました。

  

今回は、少し細かく、工事状況を撮影しました。

  

着手前です。
091127_yokudan_01_350_60

091127_yokudan_02_350_60

  

「ガス温水式」は、室外機のガスバーナーで暖めた温水を、パイプで室内機に送ります。

室内機では、パイプを巡らした部分に風を当てて、浴室内に温風を出します。

室外機と室内機をつなぐパイプを通すために、壁に穴を開けます。
091127_yokudan_03_350_60

  

これに対し、電気式の場合は、室外機は必要ないので、壁に穴を開ける必要がありません。

ガス温水式の方が、電気式よりも、設置工事費が高い理由は、主にこの工事が原因です。

ガス温水式の唯一のデメリットと言えます。

   

ただ、念のために、再度付け加えれば、最も大切な「満足いく暖かさ」と「暖まるスピード」や、気になる「維持費」など、他の点では、ガス温水式の方が、電気式よりも優位だと思います。

  

さて、設置工事の続きです。

パイプ等の取り出し用カバーをつけます。
091127_yokudan_04_350_60

   

室外機は、壁に穴を開ける前に、壁に取り付けます。

パイプをきれいに配管するために、配管カバーを取り付けます。

周りの色と違和感が出ないように、ブラウン色のものにしています。
091127_yokudan_05_263_60

お気づきの方もおられると思いますが、普通のエアコンを設置する工事と殆ど同じです。

ずばり、配管カバーは、エアコン用のものです。

  

つまり、ガス温水式「浴室暖房乾燥機」の設置は、決して特殊な工事を行うのではなく、エアコン設置程度の簡単なものなのです。

もう、完成間近です。

   

温水パイプをつなぎ、ガス配管をして、電気コンセントをつけて、完成です。
091127_yokudan_06_263_60

今回、ガス配管の取り出しに、少し工夫が必要でしたが、それこそ当社の専門分野ですから、きちんときれいに仕上がりました。

   

電気コンセントも、浴室の隣にあるボイラー室のコンセントから分岐するので、簡単です。

ガス温水式は、わずかな電気しか使いません。

室内機の送風用モーターと、室外機のガス燃焼をコントロールするためにしか、電気は必要としないからです。

電気は、モーター回転や動作コントロールに使用する場合には、あまり大きな容量は必要ありません。

   

それに対し、電気を、熱エネルギーに変換することは、大変効率が悪く、大きな容量が必要になります。

だから、電気こたつや、電気ストーブや、カーペットなどを、同時に使うと、ブレーカーが落ちるのです。

大きな電気容量が必要な場合は、分電盤にて、独立したブレーカーを設置し、専用回線を使用器具まで敷設しなければならない所以です。

   

ガス温水式は、前述のとおり、あまり電気を使わないので、近くにあるコンセントから分岐でき、電気工事費は、電気式浴室暖房機よりもかなり安く済みます。

家全体としての電気容量が足りない場合は、契約容量を上げる大掛かりな工事が必要となり、全体の工事代金が、ガス温水式よりも高くなる可能性すらあります。

   

室内の完成写真です。
091127_yokudan_07_350_60

今回もピッタリ!きれい!

   

室内機は、エアコン同様、取り付け金具を壁に固定し、壁に穴を開けたら、取り付け金具に引っ掛けるだけです。

後は、リモコンを取り付けて、終了です。

   

工事に必要な時間は、浴室暖房機の設置工事に半日、ガス配管と電気コンセント設置工事に約2時間から半日、ということで、殆どは、1日で完了します。

   

M様、この度は、本当にありがとうございました。

| | コメント (0)

2009.11.05

ガス浴室暖房乾燥機、のその後

以前、ガス浴室暖房乾燥機のご相談を受けて、お客様のお宅に訪問させて頂くことになったと、書きました。

  

その後、ご了解頂き、先週、設置させて頂きました。

着手前です。
091105_yokudan_01_350_60

間口が若干狭く、設置可能かどうかを、お客様は心配しておられましたが、採寸させて頂いたところ、なんとか大丈夫と判断しました。

タイルのお風呂は、やはりとても寒いとのことでした。

   

着手前の屋外の様子です。
091105_yokudan_02_350_60

  

ここへこんなふうに、室外機を取り付けて、ガス配管をして、屋外コンセントをつけて・・・
091105_yokudan_03_350_60

社員のⅠさん、最終調整をしています。

室外機は、小型の給湯器と、ほとんど同じ外観・寸法です。

簡単に壁に設置できます。

配管は、露出になるので、化粧カバーを使って、できるだけきれいに見えるよう細心の注意を払います。

・・・なかなか、いい感じです。

   

そして、室内はといえば・・・
091105_yokudan_04_350_60

もう、ぴったり!

  

お客様にも喜んで頂きました。

  

・・・

   

そして、約1週間たった今日、その後のご使用感を伺いました。

その間、とても寒い日が何日か続いていたので、お客様のお役に立つことができたのかの確認でした。

  

奥様:「すごく暖かいです。ありがとうございました。」

   

もう、その一言で十分でした。

間違いないはず、と思ってはいても、やはり、お客様からの喜びのご感想をお聞かせ頂けると、いつも、なんだかホッとします。

こちらこそ、ありがとうございました。

  

尚、「以前、ガス浴室暖房乾燥機のご相談」について書いた日記は、こちらです。

「浴室暖房乾燥機の熱源別比較」2009.10.24.

| | コメント (0)