« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »

2010.08.26

屋根からの雨漏り修理

お客様から、雨漏りのご相談を頂きました。

   

お客様は、瓦と壁の間に詰めてある土が流れたことが原因だと思っておられました。

確認させて頂くと、こんな感じでした。
100826_mamamori_350_60_00

   

確かに補修は必要でしたが、調査したところ、もっと大きな原因が見つかりました。

100826_mamamori_350_60_01

矢印の部分を、「谷(たに)」といいます。

ご覧の通り、2つの屋根面が交わる所で、雨水が集中します。

「谷」には、銅板を敷きますが、この銅板に穴が開いていました。

そこで、銅板を交換しました。

  

交換した銅板です。
100826_mamamori_350_60_02

以下のような穴が開いていました。
100826_mamamori_350_60_03

100826_mamamori_350_60_04

100826_mamamori_350_60_05

    

実は、こうした「谷」の銅板の穴開きは、雨漏りの原因として、少なくありません。

お客様からご指摘頂いた部分への、土詰めも行い、修理完了です。

今後、雨が降ったら、状況を確認にお伺いします。

    

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

| | コメント (0)

« 2010年7月 | トップページ | 2010年9月 »