« 住まいの3Dプランニング(2) リフォーム業者の選び方 | トップページ | 建築士定期講習 »

2010.02.14

住まいの3Dプランニング(3) リフォーム業者の選び方2

プランニング手法の違い」という視点からの、「リフォーム業者の選び方」の続きです。

  

今日は、

2.お客様からのご要望を聞いて、後日、図面だけでなくパース等による完成イメージを含めた提案書をお客様宅に持参し、さらに打ち合わせを進める業者

についてです。

  

現在、リフォーム専門店の殆どは、このタイプだと思います。

  

お客様の現在のお困り事や、夢を、じっくりお聞きし、現場の状態を確認して、設計担当者等がプランニング・図面・パースを作成します。

  

その後、お客様のお宅へ訪問したり、お客様にショールームまでご来店頂き、そうした資料に基づいて、さらに打ち合わせを深める、という手順になります。

  

その際、しっかりした業者であれば、お客様にお見せする資料は、とてもきれいで、わかりやすいものになっています(多分)。

   

・・・こう書くと、お客様にとって何の不都合もなく、充分な対応のように思えます。

  

もちろん、前回採り上げた、「1.平面図だけで、プランニングを進める業者」からみれば、格段に、「安心」です。

   

「完成後の様子がわからない」というお客様の不安を、かなり解消してくれるからです。

  

設備機器の交換に留まらない、空間の変更を伴うリフォームは、少なくともこうした技術を持つ業者を選ぶべきです。

   

ただ、気をつけなければならない点として、「リフォームの規模に対して、この段階での過剰なコストをかけない」ということだと思います。

   

いわゆる「名前の知られた大手」の場合、建築士など多くの「有資格者」を抱えています。

そうした「有資格者」の数を、PRする業者もいるほどです。

  

そうした業者への依頼を検討する場合、その数多くの「有資格者」を維持するコストは、誰が負担するのかという点を、冷静に想像する必要があります。

   

新聞折込チラシには、「設計・見積無料」とありますが、どの段階までが無料なのかを、最初に確認した方がよいと思います。

   

誤解のないように強調しますが、「有資格者」がたくさんいる業者はだめと言っているわけでは、決してありません。

  

お伝えしたいのは、「ご自身が検討されているリフォームの規模に合った業者を選ぶ」、という「考え方」です。

     

     

ところで、今回ご紹介している「プランニング手法」では、図面やパースは、お客様との打ち合わせの」に、業者側からの提案資料」として提出されます。

    

当社でも、お客様の状況により、同様の手法でプランニングすることもありますが、実は、もっと違う手法もあります。

   

次回、「3.お客様のご要望を、すぐその場で3D(立体的な)パースで表現しながら、プランニングを進める」手法について、書かせて頂きます。

    

       

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

|

« 住まいの3Dプランニング(2) リフォーム業者の選び方 | トップページ | 建築士定期講習 »

06 その他のリフォーム」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 住まいの3Dプランニング(2) リフォーム業者の選び方 | トップページ | 建築士定期講習 »