« 稲盛和夫氏の経営問答 社長として大切なこと  | トップページ | 達成感 »

2009.12.26

ガス式浴室暖房機のご感想 ”もやもや”の感激

ガス式浴室暖房乾燥機を、先月設置させて頂いたお客様のお宅を、今日、訪問させて頂きました。

その際、奥様から、ご利用になられてのご感想を、お聞きしました。

    

「浴室が暖かいのはもちろんだけれど、浴槽のお湯が冷めにくくなったと思う。」とのことでした。

   

浴室暖房機を設置する前は、浴槽のお湯を熱くしても、浴室の冷たい空間に熱エネルギーを吸い取られる(?)ために、すぐお湯が冷めてしまうのだと思います。

   

「これまでは、毎年、冬になると、浴槽のお湯の設定温度を1度上げていたのだけれど、今年は上げなくても暖かい。」と、お話しを続けられました。

     

    

さらに、こんな素敵な表現で、その快適さを教えて下さいました。

   

「浴槽からの湯気が、ちゃんと天井まで届いて、”もやもや”と漂っていて、浴室全体が”もやもや”の感じで、なんだか、温泉みたいで、気持ちいい。」

   

温泉の大浴場は、入ると、湯気で”もやもや”していますよね。

それくらい、暖かい、ということです。

    

浴室暖房機を設置する前は、浴室が冷え切っていて、浴槽の湯面から立ち昇る湯気が、天井まで届かないため、部屋がクッキリ見渡せた。

それが・・・。と、感激されていたのです。 

   

とても満足して頂けているようでした。

   

奥様のお話をお聞きし、私もとても嬉しい気持ちになりました。

ありがとうございました。

     

     

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

|

« 稲盛和夫氏の経営問答 社長として大切なこと  | トップページ | 達成感 »

110 LPガス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 稲盛和夫氏の経営問答 社長として大切なこと  | トップページ | 達成感 »