« お客様との幸せな関係 | トップページ | 変質灯油の見分け方、の修正 »

2009.12.15

流し台の排水詰まり修理&溜(た)めマス掃除の勧め

「流し台の排水が詰まって、水が戻ってくる」とのご相談を受けました。

お伺いし、”溜(た)めマス”の掃除をすることで、修理完了しました。

   

さて、「”溜(た)めマス”の掃除」は、お客様でもできるメンテナンスである事が、あまり知られていないようです。

作業自体は、割と簡単で、しかも、効果が実感できるメンテナンスなので、ご紹介します。

  

”マス”は、2種類しかありません。

排水を「溜める」タイプと、そうではなく、排水を「スムーズに流す」タイプです。

   

排水を「スムーズに流す」タイプでは、「詰まり」といったトラブルは、あまり発生しません。

  

メンテナンスが必要なのは、排水を「溜める」タイプである、”溜(た)めマス”です。

排水を「溜める」のには、理由があります。  

それは、水を溜め、排水管の先端をその中に入れることで、空気を遮断し、下水管の臭いが、生活空間へ出ることを防ぐということです。

    

”溜(た)めマス”の外観です。
091215_tamemasu_01_350_60

台所や、浴室などの近くにある場合が多いです。

尚、最近は、もっと小さなマスを使う場合が増えています。

   

マスのフタを取った内部です。
091215_tamemasu_02_350_60

  

もう少し拡大します。
091215_tamemasu_03_350_60

写真の上と左の排水管は、空気を遮断していません。

それに対し、右の排水管の先端は、水面から中へ入り込んでいる為、水によって、空気を遮断しています。

左の排水管へは、下水の臭いが流れ、右の排水管へは、臭いが流れません。

   

これは、掃除完了後のきれいな状態です。

流し台で、どれだけ気をつけてゴミを取り除いても、例えば米粒といった小さなものは排水管へ流れていってしまいます。

さらに、油自体を流すことはなくても、料理に含まれた油分は、流れてしまいます。

こうしたゴミと油分が、長い時間をかけて、この”溜(た)めマス”に溜まり、少しずつ固まることで、マスを詰まらせるのです。

   

原因がわかれば、対処方法は簡単です。

少しなら、固まった部分を、棒などで細かく砕いてやり、多めの水で流してやれば良いのです。

   

ただ、あまりにも固まりが大きい場合は、すくい出して、取り除いた方が良いかもしれません。

   

こうした作業を、1年に1度か、半年に1度、行うだけで、排水詰まりを防ぐことができます。

年末の大掃除に、この「”溜(た)めマス”の掃除」も加えられることを、お勧めします。

  

尚、屋外に配管スペースが無く、家の床下を排水管が通っている場合は、”溜(た)めマス”の上部は、こうしたメンテナンスができるように、床に点検口を設けてあるはずです。

    

ぜひ、チャレンジしてみて下さい。

”溜(た)めマス”がきれいになると、すごくスッキリ!しますよ。

    

    

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

|

« お客様との幸せな関係 | トップページ | 変質灯油の見分け方、の修正 »

125 その他の仕事・修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« お客様との幸せな関係 | トップページ | 変質灯油の見分け方、の修正 »