« ガスビルトインコンロの交換にて、高さが足りなかった時 | トップページ | 浴室リフォーム 1日目 養生と水栓外し »

2009.12.04

ガスビルトインコンロの交換にて、高さがあり過ぎた時

昨日、「ガスビルトインコンロの交換にて、高さが足りなかった時」を、ご紹介したので、今日は、反対の場合の対処方法を書きます。

   

今回のお客様は、「適正な高さ=22cm」よりも、もっと高さがあったので、新しいコンロを取り付けると、下の収納庫と間に、「すき間」ができました。
091204_konro_01_350_60

  

メーカーさんは、ちゃんと、この空間を埋める「スペーサー」を用意しています。

取り付けて、完成!簡単!ぴったり!
091204_konro_02_350_60

  

昨日と今日のご紹介で、高さが、「あり過ぎる」方が、「足りない」よりも、簡単にフォローできることが、おわかり頂けたかと思います。

  

ところで、今回のお客様も、パロマの最新型ビルトインコンロ、DRESY[ドレシィ]です。

  

汁受け皿なしのガラストップ、しかもそのガラスは、熱やキズに強い「結晶化ガラス」ですから、お掃除簡単で、美しさが長持ち。

グリルを含め、全てのバーナーが、「焦げ付き・消し忘れ防止機能付」で、安心。

グリルは、奥まで全て出てくる「フルオープン」タイプだから、取り出しやすく、もちろん、水無し両面焼き+自動焼き上げのオートタイプで、簡単。

  

などなど、本当に最新機能満載です。

11月開催の「ふれあいフェア」でも、大人気でした。

  

尚、ガスビルトインコンロの交換については、

09.11.04.「ガスビルトインコンロ」も、ご参考になると思います。

|

« ガスビルトインコンロの交換にて、高さが足りなかった時 | トップページ | 浴室リフォーム 1日目 養生と水栓外し »

110 LPガス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ガスビルトインコンロの交換にて、高さが足りなかった時 | トップページ | 浴室リフォーム 1日目 養生と水栓外し »