« 原理原則に基づく | トップページ | トイレリフォーム 和式から洋式へ その2 »

2009.11.16

トイレリフォーム 和式から洋式へ その1

先週、和式の水洗トイレを、洋式にするリフォームを行わさせて頂きました。

   

着手前です。
091116_toire_01_250_60

   

工事中です。

トイレの中では、当社社員が器具付けをし、

その前の廊下では、大工さんが床下地を張り替えています。
091116_toire_02_350_60

  

完成です。省エネ節水型のTOTO最新型「ネオレスト」です。

うーん、かっこいい。
091116_toire_03_350_60

「ネオレスト」は、デザインが優れているだけではありません。

洗浄に必要な水を、以前は13リットルだったものを、4.8リットルまでに減らした”超”節水型です。

また、「フチなし形状」&「フチなしウォシュレット」他、掃除が簡単な工夫が一杯です。

   

ペーパーホルダー(紙巻器)は、天板を手すり代わりに使える=手をつき、体重をかけて、立ち上がる際の助けになるタイプです。

  

そうしたペーパーホルダーと、縦方向の手すりを設置するためには、しっかりした下地が必要です。

今回は、壁がきれいで、触らなかったので、後付けの下地板をまず取り付けてあります。

”下地板”とはいっても、露出設置を前提としたきれいな化粧板なので、壁のアクセントとなります。

      

少し角度を変えて。
091116_toire_04_263_60

床には、「ハイドロセラ・フロア」を採用して頂きました。

便器の周辺は、「ハイドロテクトタイル」です。

材質は、便器と同じセラミックだから、木質床材のように水分が沁み込みず、拭き掃除が簡単。

さらに、光触媒層に光が当たると、ニオイや汚れの原因となる菌・有機物を分解する優れものです。

  

まだまだ、お伝えしたいことがありますが、長くなるので、次回に引き継ぎます。

|

« 原理原則に基づく | トップページ | トイレリフォーム 和式から洋式へ その2 »

03 トイレリフォーム・修理」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« 原理原則に基づく | トップページ | トイレリフォーム 和式から洋式へ その2 »