« チラシに込めた思い | トップページ | 小冊子「地震に強い家づくり」 »

2009.09.16

省エネガス給湯器「ECOジョーズ」

オール電化全盛の今日この頃。

もちろん、当社も積極的に取り組んでいますが。

  

LPガス機器にも、とても良い商品があります。

省エネガス給湯器「ECO(エコ)ジョーズ」です。

「エコキュート」と間違えてしまいそうなネーミングですが、違います。

  

排気熱を再利用することで、省エネ高効率=はっきり言えばLPガスの消費量が少ない!、給湯器なのです。

こんなお得なガス給湯器があることを、ご存知でしたか?

多分、殆どの方が知らないのでは?

LPガス販売店(=当社のことです)の怠慢、ですね。

PRの努力が足りない・・・。

  

それでも、地道な努力の結果、おかげさまで最近、良くご購入頂いています。

先週、また1台、従来型の給湯器から交換させて頂きました。

090916_ecojozu_350_60

見た目は、あまり変わりませんが。

  

でも、これは本当にすごい!

パロマのHPによると、ガス代が、年間12,000円も節約できる!&年間11.6本分のCO2排出量の削減効果!とのこと。

  

しかも、なんと言っても、給湯器本体の価格が安い!&工事代も安い!

・・・金額は、今日は公表を控えます。関心のある方は、お手数でも当社までお問合せ下さい。まあ、かなり安い!です。(笑)

  

「エコキュート(電気の方)なら、毎月の光熱費がお得!」というのが、販売業者の決めセリフのようですが、初期投資の大きさと将来の買い替え時のコストを考えると、実は必ずしも・・・、という場合もあります。

  

・・・だからといって、エコキュートは全てダメ、と言っている訳でもありませんので、念のため。

お客様の状況により、「ECOジョーズ」が良い場合もあれば、「エコキュート」が良い場合もある、と言いたいのです。

  

・・・ここから、ちょっと、話題がずれていきそうです。

  

LPガス販売店は、ガスによる「ECOジョーズ」の方が絶対良い、と言う。

家電販売店は、電気による「エコキュート」の方が絶対良い、と言う。

でも実は、お互い、相手の商品のことはよく知らず、取り扱い経験も無い、又は少ない。

  

・・・この状態も、先日(9月11日付)「チラシに込めた思い」で書かせて頂いた、「業者の都合」優先、ということでしょう。

残念ながら、お客様不在、です。

そして、こうした姿勢は、いずれお客様からの信用を失うことになる、と思います。

  

そういう当社も、決して欠点のない「聖人君子」なわけではありません。

もう本当に正直に申し上げてしまえば、「当社は、どちらをご購入頂いても、適正利益を頂ける立場にある。」というだけなのだと思います。

つまり、当社は、

ガスによる「ECOジョーズ」をご購入頂ければ、LPガス販売店として、

電気による「エコキュート」をご購入頂ければ、リフォーム工事店として、

商売させて頂ける、ということです。

・・・ここまで、はっきり、書いてよいのか?

  

ただ、こうした商品によって利害が変わらない=商品に対して中立な、立場にいる当社こそが、お客様にとって、真に納得のいく判断基準をご提供できると思うのです。

9月12日(土)朝刊への折込チラシで、私は「オール電化リフォーム」について、こんな風に書きました。

(奥様)「安い買い物ではないから・・・」

メリットだけではなく、デメリットや実態もきちんとお伝えします。その上で、お客様の現状に最適のプランをご提案します。

(奥様)「そんな話しをしてくれたのは、久保さんだけやわ。」

奥様のセリフは、実際に私が聞かせて頂いた言葉です。

本当に、安い買い物ではありません。

「エコキュート」の導入をご検討中の方は、後悔のない判断をされる為に、ぜひ当社にご相談下さい。

   

・・・かなり、「ECOジョーズ」から話しがずれてしまいました・・・。

もちろん、「ECOジョーズ」の導入をご検討中の方も、後悔のない判断をされる為に、ぜひ当社にご相談下さい!

  

尚、商品の詳細は、パロマのホームページをご参照下さい。

http://www.paloma.co.jp/product/gas_boiler/eco_expert/index.html

  

実は、明日も「ECOジョーズ」を、1台設置させて頂きます。

 

 

|

« チラシに込めた思い | トップページ | 小冊子「地震に強い家づくり」 »

110 LPガス」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« チラシに込めた思い | トップページ | 小冊子「地震に強い家づくり」 »