« みょうが、いらんけ? | トップページ | 浴室解体工事と下水道管布設工事 »

2009.08.19

工事スタート!と、自社施工について

今日から、下水道工事を含むリフォーム工事が始まりました。

090819_chakkou_350_60

090819_chakkou2_350_60

完成まで頑張ります!

  

さて、当社では、管工事は自社施工です。

上の2枚の写真に写っているのは、当社の社員です。

私たちにとっては普通のことですが、改めてこのリフォーム業界を見渡すと、それ程普通のことではないようです。

  

新聞折込チラシがよく入る、いわゆる営業中心の「リフォーム店」は、工事の全てを協力業者さんに委託します。

  

当社は元々が、ガス販売店と管工事店なので、そうした工事は、自社施工となります。

その他の、大工工事や電気工事などは、自社ではできないので、協力業者さんに委託します。(もちろん、施工管理は当社社員が、毎日お宅にお伺いして行ないます。)

  

お客様からすれば、その違いは、あまり気にならないことなのでしょうが。

  

リフォームは、完成して終り、ではありません。

完成後ずっと続く、アフターメンテナンスが大切です。

  

その中でも、トイレ詰まりやパッキンの磨耗など、水廻りのメンテナンスは、他の部位からみて頻度が高いものです。

そんな時、管工事を自社施工している当社ならば、より的確に対応できる自信があります。

  

しかも、当社は地元氷見市でのみリフォームをお受けしますので、素早い対応ができます。(言い換えれば、責任あるアフターメンテナンスをする為に、氷見市に限定しているのですが。)

  

氷見市のお客様にとって、「管工事を自社施工する、氷見市内のリフォーム店」は、十分メリットがあると思います。

  

以上、ふと思いついた、目一杯の宣伝・・・でした。

|

« みょうが、いらんけ? | トップページ | 浴室解体工事と下水道管布設工事 »

07 給排水工事」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« みょうが、いらんけ? | トップページ | 浴室解体工事と下水道管布設工事 »