« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »

2008.05.12

あんちゃん、ちょっと見てきてあげてくれんけ

お昼休みに、1本の電話が掛かってきました。

私「はい、久保です。」

お客様「あんちゃんけ?」

私「ああ、○○さんけ。いつもありがとうございます。」

 

この方にとっては、私は今でも「あんちゃん」です。

私は、今年46歳ですが・・・。

 

お客様「あんちゃん、ちょっと相談に乗ってあげて欲しいがいけど。」

私「ええ、なんでも言うて下さい。」

 

お客様の従姉妹の方が、脳梗塞になられて、今日退院された。

まだまだ、リハビリが必要な状態。

ただ、トイレが和式で、使いづらいので洋式にして、少しでも使いやすくしてあげて欲しい。

 

そうしたご相談でした。

 

ちょうど2週間前程に、お客様ご自身のお宅のトイレを、和式から洋式に変えたばかりでした。

工事に際しては、お客様の状況や将来の予定を含めて、かなりじっくりとご相談させていただき、お客様にとって最適と思うプランをご提案させて頂いていました。

現状が狭い空間で心配されていましたが、予想以上に使いやすいわと、とても喜んで頂きました。

 

その話しを病院で従姉妹の方にされたら、ぜひ、自分のトイレも久保にして欲しいと言われたとのことでした。

 

お客様「そういうわけで、あんちゃん、ちょっと見てきてあげてくれんけ。」

私「もちろんですちゃ。きちんと、いいがにさせてもらいます。」

 

信頼されている嬉しさと、責任の重さとを、同時に感じます。

従姉妹の方のご負担を、少しでも軽くできるように。

がんばります。

| | コメント (0)

2008.05.11

お客様からのプレゼント

昨日のことです。

当社をとてもごひいきにして下さる奥様が、いつものようにニコニコ笑顔でご来店されました。

LPガス代金を、お支払いに来て下さったのでした。

入金手続きを終え、しばらくお話しをさせて頂いている中で、奥様が1枚の絵を取り出されました。

080512_ryousei_01_250_60 小林良正氏画

 

奥様「私が写仏を習っている先生から、2枚書いて頂きました。」

奥様「いつもお世話になっているから、その内の1枚を、久保さんにもらってもらおうと思って、持ってきました。」

なんと、奥様から私へのプレゼントでした。

 

私「いえ、いつもお世話になっているのは、私の方です。こんな貴重なものを頂くわけには・・・。」

それでも、奥様は最初から決めてこられたとのことで、結局、ありがたく頂戴することになりました。

 

観ているこちらが、思わず微笑んでしまう、優しい、かわいい、お地蔵様です。

添え書きは、「心を楽しむ」とお読みすれば良いのでしょうか。

毎日、バタバタして、ともすると心の余裕を無くしてしまいそうになる私へ、話しかけて下さっているようにも思えます。

 

本当にありがとうございます。

絵と共に、奥様の暖かな心を頂いて、幸せを感じた夕方でした。

| | コメント (0)

2008.05.06

荻町合掌造り集落

今日は、1日オフとしました。

白川郷インターチェンジまでドライブして、タイトルの「荻町合掌造り集落」へ。

初めて行きましたが、良いところですね。

風も心地よく、のどかで、月並みな表現ですがまさに日本の原風景。

充分、リフレッシュできました。

080506_sirakawa_01_600_60

080506_sirakawa_02_600_60

080506_sirakawa_03_600_60

次の写真は、途中で昼食に寄った蕎麦屋さんの玄関です。

(すみません、店名を忘れました)

黒光りする柱に、漆喰の壁。

スポットライトの照明効果。

一般のお宅でも参考になりそうです。

080506_sirakawa_04_600_60

 

昨日までに、静かな事務所で、普段できない色々な作業ができました。

また、明日から頑張ります。

| | コメント (0)

2008.05.02

むかし、むかし・・・

当社は、おかげさまで、今年創業75年を迎えることとなりました。

いろいろ、思いを巡らしていて、ふと昔の写真を見てみたくなりました。

080502_mukasi_01_450_60

私の祖父、当社の創業者です。

じいちゃん・・・、懐かしい。

まじめで厳しい人だったと、昔からのお客様からお話を聞かせて頂いていますが、私にはとても優しい”じいちゃん”でした。

 

080502_mukasi_02_600_60

トラックの荷台に乗っているのが、私です。

その奥には、薪が積み上げられています。

この頃は、道がまだ舗装されていなくて、砂利道でした。

 

 

 

不覚にも、何故だか、涙が出そうになりました。

| | コメント (0)

« 2008年4月 | トップページ | 2008年6月 »