« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »

2006.11.09

くつろぎの空間としてのトイレ

今日、トイレリフォームが完成しました。

汲み取りの和式トイレを、下水道工事をして洋式トイレにしたいとのご要望でした。

ただ、お客様は迷われていました。

    

できるだけ部屋自体は触らず、費用を抑えて、「洋式化」という目的を叶えるか?

この機会に、部屋全体を快適なものにするのか?

時間をかけてお客様が出された結論は、後者でした。

施工前                 完成
061109_toire01_mae1_220_60 061109_toire02_ato1_450_60

施工前
061109_toire03_mae2_250_60

完成
061109_toire04_ato2_600_60

061109_toire05_ato3_600_60

完成したトイレを眺めて、お客様は大変喜んでおられました。

施工前と完成後では、大便器、小便器、手洗器、というレイアウトは同じです。

また元々の各部屋の広さも、それぞれ不足のないものでした。

ですから、確かに、施工前の壁やドアを変更することなく、「洋式トイレ化」の目的は達成することはできます。

    

費用対効果を考えれば、もちろんそれでも十分ですし、そうした工事もたくさん行ってきました。

最も大切にしなければならないのは、お客様の価値観です。

時には、お客様ご自身が、ご自分の心に眠る価値観に気付かれていないこともあります。

様々なお話を通じて、お客様の価値観を一緒に発見し、確認させていただくことは、私たちの重要な仕事の一つです。

     

今回、お客様は、トイレに「くつろぎの空間」という価値をお求めになられました。

そして、その結果に大変満足していただきました。

明るくて、ゆったりとしていて、木板に囲まれた、空間。

本当に嬉しそうなご夫婦の笑顔を見て、私はほっとしました。

M様、ありがとうございました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.08

ヤモリカフェ in 氷見

11月5日にオープンしたヤモリカフェに行ってきました。

061108_yamori_600_30

今日はコーヒー一杯(おかわりしたから2杯?)で、ご挨拶程度。

これからは気軽に行けるので、長居は無用。

気が向いたときに、ふらっと立ち寄れます。

何故なら、この店が地元氷見市の商店街にあるから。

待っていました。こんなカフェらしいカフェが、近所にできることを。

それにしても写真がイマイチです。いろいろなこだわりのある空間なのに。

出直してきます。・・・いくらでも撮り直しできます、近いから。

店長の森さんとは、勝手に友達になってもらいました。

面白い経歴の持ち主。ブログを始められたので、そちらをご覧下さい。

yamori cafe「店長森の氷見日記」

こういう人、私は好きです。

同い年だし。同じ血液型だし。・・・違うのは出身地。

コーヒーを運んで下さった安田さん(この漢字でよいか未確認ですが・・・)も、笑顔の素敵な方でした。

いろいろ聞き出して、また報告します。

ヤモリカフェ yamori cafe
富山県氷見市中央町14-1
TEL 0766-74-2231
営業時間 11:30-15:00 18:00-25:00
定休日 火曜日

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.11.07

オーダーメイドキッチンの可能性

ご縁があって、素晴らしいショールームを見学させていただきました。

061107_600_60_1 

フルオーダーメイドのキッチンだけを、提案されているショールームです。

TOTOや、タカラスタンダードなどの、一流メーカーのキッチンは、勿論よく考えられたもので、これからも当社の主流であることに変わりはありません。

それでもさらに、デザインや寸法などにこだわられるお客様の為に、当社ではこのショールームで提案されているオーダーメイドキッチンを、取り扱うことができる体制になっています。

今回、見学させていただいて、このオーダーメイドキッチンは、当社のコンセプトである「心豊かに生きるためのライフスタイル提案」に沿うものであると確信しました。

きっとお客様のお役に立つはずです。

年内中には、新しいパンフレットも完成する予定だとか。

既存のキッチンでは、物足りないとお考えの方がおられましたら、お気軽にご相談下さい。

下の写真は、京都駅前の(伊勢丹の?)クリスマスツリーです。
もう、そんな季節なのですね。
061107_kyouto_600_60

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年10月 | トップページ | 2006年12月 »