« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »

2006.08.31

この写真の通りにして下さい

今日、トイレリフォームが完成しました。

レイアウトプランが決定し、商品の選定に入った時、お客様は事前にお渡ししていたカタログのあるページを開かれて、こう言われました。

「このページの雰囲気が素敵だから、この写真の通りにして下さい。」

そして完成したのが下の写真です。

060831_toire2_600_60

とてもいい雰囲気に仕上がりました。・・・メーカーお奨めのプランですから、良いのは当たり前ですが・・・。

もちろん、お客様には大変喜んで頂きました。「いやあ、ほんまにいいがになったちゃ。」

今回、「完成後のイメージをはっきり持つ」ことの大切さを、改めて確認させていただきました。

住まいの3Dプランニングや、イメージプラン集に、これからも当社は力を入れて取り組んでいきたいと思います。

参考までに、着手前と完成の写真を掲載します。

060831_toire_mae2_600_30_2 060831_toire1_600_60

実は、入院中で介護認定を受けられたお母様の為に、段差解消と介添えを容易にする目的のリフォーム依頼でした。

介護リフォームの最も大切なキーワードは、「自立」です。

これでお母様は歩行器を使って、ご自分でトイレに行くことができます。

手すりは、いわゆる”棒”ではなく、カウンタータイプですから、握力が弱くなっているお母様も手の平全体で体を支えて、立ち座りの動作ができます。

介護リフォームで次に大切なキーワードは、「介護する方への配慮」です。

体調が優れない時に介添えが必要な場合、便器に向かって右側には、家族の方が動きやすい十分なスペースができました。

今回は、十分な空間があった為に、どちらのキーワードにも対応することができました。

・・・さらにその上で。介護リフォームでとても大切なこと。

「介護を意識させない、快適でデザイン性に優れた空間であること。」

これは私の持論です。

「素敵な空間」は、決して贅沢なことではないと思います。

逆に、介護で強いストレスを感じながら、それでも頑張っておられる家族の方々にこそ、必用な視点だと信じています。

今回は、その視点からも、お客様のお役に立てたことを、私はとても喜んでいます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2006.08.04

キッチンパース

060804_3d_kitchen_600_60_1対面式システムキッチンを設置するには、結構スペースが必用です。

通常のI型2700キッチンでも、内装や家具を工夫することで、快適空間が造れます。

ダイニングテーブルの中では、ベンチシートが私は結構気に入っています。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2006年7月 | トップページ | 2006年9月 »