2010.02.28

トイレリフォーム 和式から洋式へ+ドアの工夫

昨日、トイレリフォームが完了し、お引渡しさせて頂きました。

100228_toire_01_350_60

きれに仕上がり、お客様にはとても喜んで頂きました。

   

着手前です。

100228_toire_02_250_60

  

以上の2枚の写真を見比べて、お気づきでしょうか?

間仕切り以外の壁と天井は、触っていません。

  

床だけ、張り替えています。

    

壁を触らないので、コンセントは露出配線となりましたが、配線カバーを使って、できるだけすっきりときれいに仕上げました。

   

少しわかりにくいですが、便器の左側に、給水管も露出配管となっています。

これも、直線とコーナーをきちんと収めることで、それ程の違和感がないと思います。

給排水工事は、自社施工で、こうしたことは、大得意です。

   

今回は、予算を抑えたいとのご要望から、こうした工法をご提案しました。

事前に、壁をさわらないデメリットについてご説明し、ご納得の上での着工でしたが、ご期待以上の仕上がりだったようで、ほっとしています。

   

さて、お客様からのご要望は、「和式トイレがつらい」ということの他に、もう一つありました。

    

トイレのドアが、手前の洗面化粧台に当たって、充分に開かないのを改善して欲しいということでした。

100228_toire_03_300_60

  

こうした場合、通常、対策としては、

1.ドアを、内開きにする

2.ドアを、横にスライドさせる引き戸にする

3.折れ戸にする

といったものがあります。

  

1.ドアを内開きにする方法は、小便器を取り外すので、トイレ内が広くなり、可能です。

ただ、トイレのドアは、外開きにするのが基本です。

それは、万一、トイレ内で人が倒れた時、内開きでは倒れた人自身によって、ドアが開かず、救助に時間がかかる恐れがあるからです。

寒い冬に、下半身を出して、力(りき)むことになるトイレは、そうした事態が起きる可能性が高くなります。

  

2.引き戸にできれば、ベストなのですが、このお宅の場合は間口(まぐち)の幅が足りず、出入り口が狭くなってしまう為、この方法も採用できませんでした。

  

3.折れ戸は、2つ折りになったドアの厚みが結構あることと、開閉動作があまりスムーズではないことから、この方法も採用しませんでした。

   

そこで、私がご提案したのは、「ドア枠を追加する」というものでした。

100228_toire_04_350_60

写真がわかりにくいのですが、以前のドア枠は、洗面化粧台よりも引っ込んでいました。

洗面化粧台が出ているのは僅かなのですが、ドアの根元の方で当たる為に、ドアノブ側はかなり開きが狭められていたのです。

  

黄色い矢印の先の枠が、今回、追加した部分です。

以前の枠と違和感が出ないように、同色の塗装をしました。

   

ドアは、新しく造作したので、もちろんぴったりです

ドアノブも、扱いやすいように、回転タイプから、レバータイプに変えました。

カギは、やはり万一を考え、10円硬貨で、外から解除できるようになっています。

  

これで、冒頭の写真のように、ドアは、きれいに開くようになりました。

開口部の幅も充分で、スムーズにドアを開け、出入りできるようになりました。   

    

    

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

| | コメント (0)

2010.02.17

久保さんを応援しとるがいよ

昨日、トイレリフォームのお引き渡しが終わったお客様のお宅へ、今日、ご挨拶に伺いました。

   

お礼の気持をお伝えし、完成写真を撮って、帰ろうとしたところ、だんな様が笑顔でこう言われました。

「今、そこの畑で採ってきたがいぜ。よかったら持っていって。」

100217_toire_01_350_600

   

続けて、奥様がやはり満面の笑顔で、こう言われました。

「ありがとうね。私、一生懸命頑張っている久保さんを、応援しとるがいぜ。」

    

工事期間中、いろいろとご心配をおかけしたにも関わらず、お二人はずっと笑顔で接して下さいました。

ずっと、感謝しながらの工事でした。

  

そして、今日の暖かなお心遣い・・・。

 

感激しました。

   

本当にありがとうございました。

こうしたお客様に支えられて、私たちは、ずっと長く仕事をさせて頂けているのだと、感謝と共に、実感しました。

   

完成したトイレは、お二人にとても気に入って頂けたようでした。

100217_toire_02_350_600

   

「ほんとに素敵な感じになって、嬉しいわ。私、昨日から、用もないのに、何度もこのトイレを眺めにきとるがいぜ。」

奥様は、そう話されて、笑われるのでした。

    

E様、これからも末永く、どうぞよろしくお願いいたします。

社員一同、少しでもお役に立てるよう、頑張ります。     

     

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

| | コメント (0)

2009.12.18

トイレリフォーム 兼用和式から洋式へ タイルの場合 <2/2>

3日目に、古い配管を取り外し、新しい管を布設します。
091218_toire_07_350_60

   

土間コンクリートを打ち、4日目には、壁と床タイルの補修を行います。
091218_toire_08_350_60

     

左官工事、完成です。
091218_toire_09_350_60

   

ただ、土間コンクリートを打って、翌日には、人が上(のぼ)ることはできましたが、便器を固定する為のアンカーボルトを打ち込むには、さらに数日の養生期間を置き、コンクリート内部の硬化を待つ必要があります。

     

この寒い時期には、4日間前後の養生期間の後、便器を取り付けて完成です。
091218_toire_10_400_60

   

床や壁がタイルの場合の、兼用和式便器を洋式にする工程をまとめると、以下のようになります。

  

1日目:便器・ロータンク等の取り外し、養生

2日目:解体

3日目:配管、電気、土間コンクリート

4日目:壁・床タイル貼り

5日目から8日目:土間コンクリートの養生

9日目:器具付け・お引渡し

   

「土間コンクリートの養生」は、気温や、同じ家にもう一部屋トイレがあるか否かなどによって、必要な日数が変わります。

・・・同じ家に、もう一部屋トイレがあれば、仮設トイレ使用のような負担がお客様にない為に、コンクリートの硬化を、余裕を持って待つことができます。

    

    

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

| | コメント (0)

2009.12.17

トイレリフォーム 兼用和式から洋式へ タイルの場合 <1/2>

2009.12.05.「浴室リフォーム 1日目 養生と水栓外し」から始まったリフォームで、トイレリフォームを同時進行中と書かせて頂いていました。

  

こちらも、参考になる所があると思い、掲載させて頂きます。

  

着手前です。
091217_toire_01_200_60

  

本格的な解体工事前に、便器だけを少しづつ割りながら、取り外します。

排水管に、解体時のタイルやコンクリートなどの廃材が入り込まないように、ゴムキャップをします。
091217_toire_02_350_60

   

当社の社員が、黙々と養生テープを貼っています。

とても大切な作業です。
091217_toire_03_350_60

   

翌日、解体工事開始です。

写真が全体的に白いのは、巻き上がる粉塵に、カメラのフラッシュが当たっているためです。
091217_toire_04_350_60

    

解体途中の状態です。とても固いコンクリートでした。
091217_toire_05_350_60

   

解体が、ほぼ完了した状態です。
091217_toire_06_263_60

   

明日に続きます。

    

     

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

| | コメント (0)

2009.11.19

トイレリフォーム 和式から洋式へ その4(完)

トイレリフォームについて、気付けば4日に渡って書かせて頂くことになった最終日です。

  

今日は、今回の工事の工程・工期についてです。

  

リフォームをご検討中のお客様からのご質問の中で、多いのが、

「工事に、何日くらい、かかるがけ?」

というものです。

  

工事の内容によって、工程や工期は変わります。

今回は、部屋の広さが、洋式トイレ用としても十分あり、壁面もきれいだったので、タイルの床だけを解体する工事でした。

   

その場合の実際の工程は、以下のようになりました。

尚、わかりやすくするために、細かなことは省いてあります。

       

1日目:<事前準備>

   仮設トイレ搬入、水洗式仮設トイレ用の給排水管接続

  

2日目:<本工事1>

   床解体、トイレ内の給排水管工事、電気工事

  

3日目:<本工事2>

   床貼り工事

  

4日目:<本工事3>

   便器取り付け、手すり用下地板取り付け

   *夕方から、トイレを使えるようになりました。*

  

5日目:<片付け>

   手すり・手洗い器取り付け、仮設トイレ取り外し

  

事前準備と片付けは、2時間ほどの仕事です。

実質的な工事は、3日間です。

  

本工事の1日目の朝まで、ご自宅の既存のトイレをお使い頂き、3日目の夕方には、新しいトイレをご利用いただけました。

   

リフォーム工事では、他人が自分の家に入り、工事の音やほこりが発生します。

それ自体は、仕方がないけれど、では、一体、何日我慢すればよいのか?

その「目途」が立つのと、立たないのとでは、お客様が抱えられるストレスの度合いは大きく違ってきます。

   

そうしたお客様のご負担を、少しでも軽減して頂くために、当社では、前もって「工程表」を、お客様にお渡しします。

今回も、ほぼ「工程表」通りに、工事を終えることができたと思います。

   

「工程表」をお渡しし、その通りに工事を終える。

  

当たり前のことですが、そうした当たり前のことを、きちんとできる業者は、実はそれ程多くないような気がします。

  

当社は、そうしたことを大切にしていきたいと思います。

    

K様、この度は、本当にありがとうございました。

   

尚、当社の工程管理については、ホームページの以下のコーナーもご覧下さい。

「リフォームに失敗しないために」  3.工程管理について

| | コメント (0)

2009.11.18

トイレリフォーム 和式から洋式へ その3

一昨日(その1)昨日(その2)の続きです。

  

昨日、手洗い器とドアの開閉について書かせて頂きましたが、もう少し加えたいことがあります。

手洗い器の取り付けが完了したとの報告を受けて、私はお客様宅へ確認に伺いました。

  

ドアノブと手洗いボウルが、接触する可能性を心配していたのですが、残念ながらその予想は当たってしまいました。

ドアノブは金属で、手洗いボウルは陶器です。

強くぶつかれば、陶器を傷めることになります。

  

すぐに建具職人さんに連絡をとり、「ドアストッパー」を取り付けてもらいました。
091118_toire_10_350_60

ドアは、黒いゴムに当たり、それ以上開きません。

  

そうすることで、こんな”寸止め”状態を確保できました。
091118_toire_09_350_60

   

そういえば、お客様のお宅にお伺いすると、時々、壁にドアノブの形の”凹(へこ)み”を見ることがあります。

そうしたお宅には、この「ドアストッパー」が有効です。

ご参考まで。

   

ところで、以上の話しには、「長い歴史を持つ、地元密着のリフォーム店ならではのメリット」が含まれています。

  

これまでずっと、氷見市だけでリフォーム工事を行う当社には、やはり地元氷見市内の腕の良い職人さんたちとの、「良好な関係」があります。

それは、長い時間をかけて築き上げた信頼関係に基づいています。

   

今日に至るまでには、当社のお客様に対する思いや方針に合わず、残念ながらその後のお付き合いをお断りした職人さんもいます。

  

おかげさまで、今は、お客様に喜んで頂けると自信を持ってお勧めできる職人さんたちばかりと、お付き合いさせて頂けるようになりました。

   

だからこそ、14日に書かせて頂いた「洗面化粧台の交換」の際の大工さんや、今回の建具職人さんなど、細かで緊急のお願いにも快く対応していただけるのです。

本当にありがたいことだと、いつも感謝しています。

  

・・・もちろん、いつもこんな緊急対応ばかりを、お願いしている訳ではありません。

殆どの工事は、職人さんたちのスケジュールを確認した上で、しっかりした工程表を作成し、それに基づいて仕事をして頂いています。

  

それでも、リフォームの現場は、一から作る新築とは違い、既存の建物相手なので、工事が進むにつれ、予測しきれない細かな変更点が出てくるものです。

  

そんな時、地元リフォーム店の小回りの効く対応は、お客様にとって、大きなメリットになると思います。

    

うーん、もう少し、お伝えすることが・・・。

長くてすみません。

さらに、明日に続きます(笑)。

| | コメント (0)

2009.11.17

トイレリフォーム 和式から洋式へ その2

昨日(トイレリフォーム 和式から洋式へ その1)の続きです。

  

お客様から、トイレ前の廊下にある手洗い器の交換についても、ご相談を受けました。

  

排水管まわりの見栄えが良くないのと、収納スペースを確保できるようになれば、とのご要望でした。
091117_toire_05_250_60

  

当初、お客様のご希望商品のイメージは、洗面化粧台の下台だけ、というものでした。

私たちも、そのご要望に沿う方向で、商品選定を行いましたが、残念ながらこの場所に適切な商品はありませんでした。

  

私たちが気になったのは、トイレのドアの開き方でした。
091117_toire_06_263_60

手洗い器とドアがぶつかり、3分の2ほどしか、ドアが開かない状態でした。

  

和式トイレを洋式にする目的の一つは、「しゃがんだり、立ち上がったりのつらい動作を軽減する」というバリアフリー(=この場合、物理的障害の除去にあります。

  

「ドアが充分に開かない状態」は、トイレへの出入りをスムーズに行うことに対するバリア=障害になります。

万一、トイレを使用するのに介添えが必要になった場合、複数人での出入りとなれば、さらに使いにくくなります。

   

せっかくのバリアフリー化の機会ですから、できれば、ドアも全開できる方がお客様にとって良いことだと考えました。

   

ただ、そうすると、従来の洗面化粧台では、どんな薄型でも現状よりドアの開き方が大きくなるものは見つかりませんでした。

それは、当然といえば当然です。

そもそも「洗面」目的のボウルは、「手洗い」目的のボウルよりも、奥行きがあるものなのです。

   

そこで、他に洗面所があることを確認した上で、私たちは通常の「手洗い器」をご提案することにしました。

そうすると、残念ながら、「収納」機能は、他の場所、例えば吊り戸などで、対応して頂くことになります。

それでも、今回の場合、優先順位は、「スムーズなトイレへの出入り」が上であると判断しました。

   

お客様もご納得頂き、こんな風に完成しました。
091117_toire_07_350_60_2

手洗い器の下の部分は、配管スペースで、物を収納することはできません。

ただ、配管を見せないことで、お客様のもう一つのご要望であった、「見栄え良く」という点は、クリアできたと思います。

  

ドアを開けると・・・、
091117_toire_08_350_60

  

お客様に大変喜んで頂きました。

  

・・・実は、もう少し、お伝えしたいことがあります。

また、長くなるので、明日に引き継ぎます。

| | コメント (0)

2009.11.16

トイレリフォーム 和式から洋式へ その1

先週、和式の水洗トイレを、洋式にするリフォームを行わさせて頂きました。

   

着手前です。
091116_toire_01_250_60

   

工事中です。

トイレの中では、当社社員が器具付けをし、

その前の廊下では、大工さんが床下地を張り替えています。
091116_toire_02_350_60

  

完成です。省エネ節水型のTOTO最新型「ネオレスト」です。

うーん、かっこいい。
091116_toire_03_350_60

「ネオレスト」は、デザインが優れているだけではありません。

洗浄に必要な水を、以前は13リットルだったものを、4.8リットルまでに減らした”超”節水型です。

また、「フチなし形状」&「フチなしウォシュレット」他、掃除が簡単な工夫が一杯です。

   

ペーパーホルダー(紙巻器)は、天板を手すり代わりに使える=手をつき、体重をかけて、立ち上がる際の助けになるタイプです。

  

そうしたペーパーホルダーと、縦方向の手すりを設置するためには、しっかりした下地が必要です。

今回は、壁がきれいで、触らなかったので、後付けの下地板をまず取り付けてあります。

”下地板”とはいっても、露出設置を前提としたきれいな化粧板なので、壁のアクセントとなります。

      

少し角度を変えて。
091116_toire_04_263_60

床には、「ハイドロセラ・フロア」を採用して頂きました。

便器の周辺は、「ハイドロテクトタイル」です。

材質は、便器と同じセラミックだから、木質床材のように水分が沁み込みず、拭き掃除が簡単。

さらに、光触媒層に光が当たると、ニオイや汚れの原因となる菌・有機物を分解する優れものです。

  

まだまだ、お伝えしたいことがありますが、長くなるので、次回に引き継ぎます。

| | コメント (0)

2009.10.25

介護リフォーム 和式トイレを洋式に

先週、トイレリフォームが完成しました。

  

着手前
091025_toire_01_350_60

  

完成1

開き戸を、引き戸にしました。

また、タイルの床を木建材にし、床の高さをトイレの外と揃えました。
091025_toire_02_350_60

  

完成2

写真では奥行き=便器に座ったら幅、が狭かったので、大工工事で広げました。

トイレの中で、体の向きを変えることが楽になりました。

介添えが必要な場合も、ある程度の空間を確保できました。
091025_toire_03_350_60

  

完成3

ウォシュレットは、便フタ自動開閉&自動洗浄機能付です。

これらは、介護リフォームの場合、決して「贅沢」機能ではないと思います。

体の調子が良くない時、腰をかがめて便フタを開けることは、つらい作業です。

また、介添えの方が、ご本人を抱える必要がある場合、両手がふさがった状態での便フタの開閉は大変です。

洗浄も、奥にあるロータンクや、壁のリモコンへ手を伸ばすことは、介護を受ける方にとっては、大変な場合があります。091025_toire_04_350_60

ウォシュレットそのものも、お風呂に入れない日が続いた場合に、おしりを清潔に保つ為に有効です。

予算のご都合がつけば、暖房便座よりも、ウォシュレットに、さらにできれば、便フタ自動開閉&自動洗浄機能付を、お勧めします。

  

その他の事例をご覧になられたい方は、「施工事例」のページをご覧下さい。

その際、「バリアフリー」のカテゴリだけではなく、「トイレ」など他の部屋のカテゴリでも、手すりの取り付け等ご参考になる場合があります。

| | コメント (0)

2009.07.14

新ネオレスト誕生

今日、TOTOの担当者さんが来社されて、新製品研修会の案内をされました。

研修のメインは、新ネオレストについて。

090714_neorest_350_60

TOTOさんによるご紹介ページは、こちらです。

http://www.toto.co.jp/products/toilet/t00016/index.htm?top=pm

 

今回のポイントは、なんといっても、「業界初の4.8L洗浄」。

「便器洗浄量は従来の13Lから4.8Lへ。

従来の節水便器に比べて約68%も節水し、

水道代は年間13,735円もお得になります。」

(TOTOさんのホームページより)

 

こうした情報は、リフォームをご検討中のお客様にとっては良いヒントになるかもしれない。

ふと、そう思って、今回掲載してみました。

これからも、意識していきたいと思います。

| | コメント (0)

より以前の記事一覧