2011.06.10

最良の1日 -タイルの浴室から、システムバスへ-

「いい買い物をしたよ。」

「リフォーム後は、毎日風呂に入るのが楽しみで、家族に笑われとるがいちゃ。」

お客様が、満面の笑顔でそうおっしゃいました。

私は、本当に嬉しい気持ちになりました。

   

お客様の最初のご希望は、浴槽の入れ替えと、出が悪い給湯管のやり直しでした。

110610_bath_350_60_1

着手前です。

   

お話しをじっくりお伺いした後、私は、お客様のご希望通りのプランの他に、システムバスへの全面リフォームもご提案しました。

もちろん、予算は大きくオーバーすることになります。

けれども、お客様のご希望通りのプランであっても、その予算は決して小さなものではありませんでした。

そして今回の場合、せっかくまとまったお金を使って頂きながら、単なる修繕的な工事では、心からご満足頂けない可能性があると思いました。

  

両方のプランのメリットとデメリットをご説明させて頂くと、お客様はシステムバスへの全面リフォームを受け入れて下さいました。

そして、1坪のシステムバスへの交換工事を行いました。

110610_bath_350_60_3

窓は、既存のものを再利用しました。

とても明るくて広い空間になりました。

  

「すごく掃除がしやすね。」

「色が気に入っているんだ。」

「足がゆっくり伸ばせて気持ちいいよ。」

お客様は、嬉しそうに話して下さいました。

    

リフォームの仕事をさせて頂いていて、こんな風にお客様に喜んで頂けることこそが、私たちにとっても最高に嬉しいことです。

今日は、もう最良の1日になりました。

ありがとうございました。    

    

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

| | コメント (0)

2010.03.05

浴室の床タイルの張替え工事

浴室の床タイルが、浮いてしまったとのご相談を頂きました。

   

現場で確認させて頂くと、見た目はなんともないようですが。

タイルを叩くと、確かに下地から浮いてしまっている軽い音がしました。

100305_hurotairu_01_300_60

    

さっそく、タイルの張替え工事を行いました。

100305_hurotairu_02_300_60

工事して下さっているのは、超ベテランで腕の良い左官さんです。

いつもお世話になり、ありがとうございます。

    

完成です!

100305_hurotairu_03_400_60

いつ見ても、仕上りが美しい・・・。

ほれぼれして、しばらく見とれてしまいます。

   

工事は、解体から仕上げまで、1日で終わりました。

   

気温がまだ低いので、この時期であれば、3日間程養生すれば、お風呂に入って頂けます。

(暖かくなれば、養生期間は、2日間程で良いと思います。)

    

    

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

| | コメント (0)

2009.12.12

浴室リフォーム 9日目 完成!

洗面化粧台を取り付けて、完成!です。

091212_bath_19_400_60

091212_bath_20_300_60

  

とてもきれいになったと、お客様に喜んで頂きました。

  

これまでの工程を、まとめて再掲載します。

  

1日目(水):養生と水栓外し

2日目(木):解体工事

3日目(金):配管工事と電気工事

4日目(土):左官工事

5日目(日):土間コンクリートの養生(工事休み)

6日目(月):システムバス組立て

7日目(火):大工工事とパテ処理

8日目(水):内装工事(この日に、お風呂に入れます)

9日目(木):設備器具設置・完成

    

この「浴室リフォーム」シリーズで、何度かお伝えしていますが、上記の工程は、今回の実際の工事とは、若干違います。

実際は、同じお宅で、トイレを和式から洋式に交換する工事も同時に行っているからです。

   

浴室リフォームでの、標準的な工程をお伝えできればと思います。

  

曜日を書き加えたのは、5日目の土間コンクリートの養生を、日曜日に設定することで、お客様がお風呂に入れない日数を、できる限り短くするための、工程上の工夫の1例をご覧頂きたいと思ったからです。

  

尚、工程は、ある程度の余裕をみてあります。

現場の状況によっては、1日から3日程は、短縮できる場合があります。

    

浴室リフォームをご依頼頂いたお客様から、よくご質問頂くのが、

「何日ほどで、お風呂に入れるがけ?」

というものです。

   

これから、リフォームされる方のご参考になれば、幸いです。

    

    

富山県氷見市のリフォーム・増改築と水まわり修理は、
水彩工房&株式会社久保へ

| | コメント (0)

2009.12.11

浴室リフォーム 7・8日目 大工・内装

システムバスが組みあがったら、7日目は、大工工事で、壁を造作します。

  

今回は、脱衣所と浴室の間の壁と、向かって左側の壁を造りました。

  

左側の壁は、ブロック造りなので、そのままではビニールクロスを貼っても、しばらくすると剥がれる可能性が高いのです。

そこで、適正なクロス下地として、まず、石膏ボードを貼ります。
091211_bath_17_350_60

   

上の写真で、造作が完了した壁に、帯状の色の変わった部分があるのがわかるでしょうか?
091211_bath_17_2_350_60

これは、石膏ボードの継ぎ目に施した、「パテ処理」です。

   

「パテ処理」は、内装工事の職人さんが行います。

ビニールクロスを貼った際、石膏ボードの継ぎ目が浮き出ないように行います。

「パテ」は、塗った後、乾かす必要があり、ここまでを7日目に済ませます。

  

8日目に、ビニールクロスを貼ります。
091211_bath_18_350_60

  

後は、洗面化粧台を設置すれば、完成です。

ただ、この日から、浴室を使用することが可能となります。

| | コメント (0)

2009.12.10

浴室リフォーム 5・6日目 土間コンクリート養生・システムバス組立て

2009.12.07.「浴室リフォーム 3・4日目 配管・電気・左官」の続きです。

   

5日目は、土間コンクリートがしっかり固まるのを待つ日で、工事は休みになります。

当社では、時間を有効に使うために、できるだけこの日を、日曜日などの職人さんが休みの日に充てるような工程を組みます。

  

尚、この日程は、今回のお客様宅での実際の日程と同じではありません。

あくまで、標準的な工程をご紹介するためのものです。

   

人はもう上(のぼ)れるので、現場によっては、配管工事や電気工事を行うことがあります。

また、土間コンクリートの状態によっては、システムバスの組立てを行うこともあります。

   

通常、6日目に、いよいよシステムバスの組立てです。

  

まず、ベースを設置します。
091210_bath_14_350_60

  

浴槽を入れ、壁を起こします。
091210_bath_15_350_60

  

ほぼ、完成です!
091210_bath_16_350_60

| | コメント (0)

2009.12.07

浴室リフォーム 3・4日目 配管・電気・左官

解体が終わったら、配管工事を行います。

  

解体によって、以前の管が出てきました。
091207_bath_11_350_60

  

当社では、以前の給水管や給湯管は、できるだけ再利用せずに、新しく配管するようにしています。

この日記でよく書かせて頂いているとおり、昔の管は、普通の鉄管の場合が多く、管内のつまりや、管の老朽化に伴う漏水の可能性が高いからです。

  

ただし、排水管は、樹脂製で、腐食などの心配がないので、そのまま利用します。

   

給水管や給湯管の交換は、こうしたリフォームの際に行うのが、最適です。

    

電気工事も一緒に行います。
091207_bath_12_350_60

   

ここまでが、3日目です。

   

4日目は、土間コンクリートを打つ、左官工事です。
091207_bath_13_350_60

システムバス自体の重さ+浴槽に入れるお湯200リットル前後の重さ+人間の重さ、の合計重量に耐えられるよう、しっかりした土間が必要です。

  

赤や青のパイプは、新しい給水管や給湯管を収めた、”サヤ管”(=保護管)です。

・・・ご想像どおり、赤は給湯管、青は給水管です。

   

コンクリートは、打った翌日には、人が上(のぼ)れるようになります。

ただ、寒いこの時期には、しっかり硬化させるために、さらにもう1日、そのままにしておく場合もあります。

    

この後、いよいよシステムバスの組み立てです。

  

尚、古い鉄管に発生しやすい故障と、その修理工事については、以下の文章が参考になると思います。

09.11.21.「お湯が出ない=給湯管の詰まり修理」

09.10.26.「漏水修理工事」

| | コメント (0)

2009.12.06

浴室リフォーム 2日目 解体

いよいよ、解体です。
091206_bath_06_350_60_3

   

解体しながら、その廃材を外へ出します。
091206_bath_07_350_60_2

   

家の外に運び出された、たくさんの廃材です。
091206_bath_08_350_60

  

ダンプに積み込みます。
091206_bath_09_350_60

   

無事、解体完了です。
091206_bath_10_263_60


| | コメント (0)

2009.12.05

浴室リフォーム 1日目 養生と水栓外し

先週より今週にかけて、浴室とトイレのリフォームを、行っていました。

読まれる方がわかりやすく、また後で整理しやすいように、まず、浴室リフォームに絞って、工程をリポートさせて頂きます。

   

着手前です。
091205_bath_01_200_60

091205_bath_02_200_60_2

タイルの風呂で、とても寒かったそうです。

   

工事は、まず、養生から始まります。

養生用のシートと、薄いベニヤ板を、しっかり張ります。

既存部分を傷めないために、とても大切な工程です。
091205_bath_03_350_60

段のあるところも、きっちり養生します。
091205_bath_04_350_60_2

  

次に、浴室内の、シャワー水栓や鏡などを、取り外します。
091205_bath_05_350_60_3

  

これで、解体前の準備は完了です。

| | コメント (0)

2009.08.21

浴室解体工事と下水道管布設工事

着工から3日目、浴室の解体工事です。

  

着手前

090821_kougi1_350_60

工事中

090821_kougi2_350_60

090821_kougi4_350_60

タイルやコンクリートを壊して、家から運び出す仕事は、とても大変です。

いつも本当にご苦労様です。

  

私たちはと言えば、今日の午前中で、家の中に下水道管を布設する工事をほぼ終えました。

090821_kougi3_350_60

和室3部屋と縁側の床下を、正確で均一な勾配をつけながら管を埋めていきました。

もちろん全て、手掘りです。

この3日間、とても暑かった。

こちらも、ご苦労様でした。

  

こうして、汗をかき、苦労しながら仕事を進めていく内に、この家そのものに対する愛着がどんどん強くなっていきます。

| | コメント (0)

2008.04.27

浴室リフォーム 光溢れる、リラックス空間

先週、浴室リフォームが完成しました。

お客様のご要望は、「広くて、ゆっくり、くつろげるお風呂」でした。

お客様が選ばれたのは、TOTOのスプリノでした。

080427_bath_01_600_60

080427_bath_02_600_60

| | コメント (0)

より以前の記事一覧